2017年9月19日

はじめてのメガネ

これまで裸眼(正眼)で生活してきましたが、年齢とともにさすがに「近く」が見えにくくなったので、いよいよちゃんとしたメガネを作ることにしました。

近くが見えないってことで、老眼鏡です。
これまではダイソーの108円老眼鏡の1.0か1.5を使ってきたんですけど、裸眼視力そのものも落ちているような気もして。度がよくわかっていないので長時間使うと疲れるし、そろそろちゃんと作るべきだろうと。

ちゃんと視力に合わせたメガネを作るのが初めてだったので、なかなか緊張しますね。
お店もどこがいいんだかもよくわかりませんしね。いままでメガネ屋さんにご縁が無かっただけに、入店するだけでも緊張します。いやほんと。
昔から友人や親戚にメガネ屋さんが多かったのですが、ぜんぜん無縁の世界でしたから。

視力をちゃんと測定してもらって、というのが前提だったので、格安系のメガネ屋さん(zoffとかJINSね)はパス。
眼鏡市場が良さそうという感じもありましたが、株主優待を使うとそれより安くなる上に、検眼に定評のあるメガネスーパーで購入しました。

メガネスーパーの株主優待の内容はここが詳しいです。
ちなみに、現時点では株価が安いので1単元100株でも7000円しません。(配当も当面無さそうですが)
株主優待券はヤフオクでも安価で落札されています。(お得ですよ)

てな感じでお店を決めたので、いざ店頭へ。
対応してくれた方には上に書いたようなメガネ初心者であることと老眼鏡をってことを伝えて、いざ検眼。

裸眼での視力も以前は左右ともに1.5だったんですが、そこから落ちてましたね。
老眼鏡は目とモノの距離で作るんだそうで、私の場合は20cm程度に。文庫本を手にして読む距離って感じ。
40cmぐらいのPCモニタとの距離も検討したんですが、困っているのは本を読むのがしんどい、読めないってことなので20cmでしょうと。

検眼が一通り終わって利き目が左なんてことまでわかって、なるほど事前調査通りに検眼に時間を掛けるわけだと納得。(裸眼視力や乱視の有無なんかももちろん調べてくれます)

あとはフレームなんですが、老眼鏡の単焦点レンズの場合はレンズ外周をぐるっと囲んだものが良いとのことと、頻繁に脱着するのでそのへんも考慮しましょうとのことでした。

レンズは1.6の両面非球面。HOYAのタイ製レンズ(HOLT)にしました。

で、選んだのがこれ。


セルフレーム(樹脂)でとても軽量、テンプルが柔軟な素材なので脱着も楽ということで選びました。

株主優待を使ったんで、フレームが13000円、レンズが左右で6000円。検査が1000円(無料じゃないんですよ)、加工技術料が一式で500円となり、税込みで22140円となりました。

やはり自分の視力に合わせただけあって仕上がってきたメガネは手元がクリア。
あたり前だけど、読書に問題なし。
脱着が面倒といえば面倒ですが、こればかりは慣れるしかないですね。

レンズ袋の視力が1.25だったので、出来合いの老眼鏡を買うときは1.0がいいですよとのことだったので、トイレ読書用などにダイソーの老眼鏡を買い増ししておきました。(出来合いのものは0.5刻み、オーダーは0.25刻みなんだそうです)

いままで縁の無かったメガネですが、次はPCモニタ用が欲しいななんて思っているところです。

2017年4月24日

HUAWEI nova lite のケース(Spigenじゃないラギッド風カラーバリエーション)

AliExpress.com で注文していた、Spigenじゃないラギッド・アーマー風のケース、偽ラギッドですが、残り3色も届きました。

AliExpress.comのここで売ってます。

Huawei P8 Lite 2017 Case Full Protection Carbon Fiber Brushed Soft Silicone TPU Case Back Cover for Huawei P8 Lite 5.2 inch



「赤」はさすがに合わないなと思ったのでパス。残りの四色を買ったことになります。
前回というか、初めて購入したのがグレーです。この投稿です。

今回届いたのがこの三色。
ケースのケース(梱包)が違うのがさすがです。(グレーは右のスカイブルーと同じ梱包でした)


しかも黒だけ特別扱いで、紙箱の中に梱包された状態という念の入りよう。(ダークブルーは紙箱にダイレクトでした)


四色並べてみました。
左から、ブラック、ダークブルー、グレー、スカイブルーです。


ケースの内側とかは一緒。金型は同じものを使っているようです。


私の HUAWEI nova lite は白なので、一番明るいスカイブルーがなかなか似合います。
日差しが強くなるこれからの時期にいいかも。



一つ200円程度、時期を選んでクーポンが利用できれば100円以下になることもありますから、気軽に遊べる次第。(私の場合は4つで800円程度でした)

とはいえ、これ一つ、というのであれば、キャンペーン中の元祖ラギッド・アーマーである、Spigenのラギッド・アーマーをお勧めします。
カラーバリエーションはありませんが、しっかりした作りです。



2017年4月21日

HUAWEI nova lite のケース(Spigenのラギッド・アーマー)

前々回、「HUAWEI nova lite のケース(Spigenのラギッドアーマー風)」として、偽ラギッド・アーマーを紹介しましたが、本物の Spigen から、HUAWEI nova lite に対応したケースが販売されたので買ってみました。

Amazonでの売り始めは1,830円だったので、さすがに高いな、と思っていましたが、Spigenの公式ツイッターで発売記念価格で999円とのことなので買ってみた次第。

色は偽物と違って黒しかありません。

まずはパッケージ。ちゃんとした紙箱に入ってます。


MADE IN SOUTH KOREA の文字が入ってます。本国製造なんですね。


右が本物のラギッド・アーマー(黒)、左が中国製の安物(グレー)。
中国製がヘアライン仕上げなのに対し、Spigen製は細かなシボ加工。Spigenのロゴも入ってます。



$2以下という中国製に対し、特価で999円の本物。
確かに本物はしっかりしている感じが強いですけど、価格差を考えると中国製のケースでも十分かなって気もしてしまいます。

角の部分を比較すると、高さ(深さ)は、Spigen製が大きくなっていて、カバーする度合いは、Spigen>中国製 という感じ。


ヘッドフォンジャック部のくり抜きは、Spigen製が横長。中国製はただの円。どちらも大きいので大抵のプラグ形状なら大丈夫でしょう。


音量大小、電源スイッチはどちらもカバーですが、Spigen製はスイッチ周囲にくり抜きがあってより操作しやすいような工夫があります。


実装した状態。私のは白ですが、まぁ、よくある感じかな。



底の部分はこんな感じ。ここは中国製と大きく変わらないです。


スイッチ周囲にくり抜きがあるので、押しやすいです。


指紋センサー部。

カメラ周辺。

1,000円ぐらい出して、Amazon.co.jpで偽物の「なんちゃって」を買うのであれば、断然Spigenの本物を買った方がいいですよ。




これは偽物です。
商品名に「ラギッドアーマー」という文字が入っているものがありますが、Spigenの本物ではありません。ご注意を。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
--------------------------------------------------- --------------------------------------------------- --------------------------------------------------- ---------------------------------------------------